体調管理をサポートする栄養補給

子供や高齢者は自分自身の体調管理を行う事が難しく、一日に必要な栄養を摂るために、家族等周りの者が意識してサポートを行う事が必要である。

子供や高齢者がなぜ自分で体調管理が難しいかと言うと、体温変化に鈍感であるため、汗をかいているにも関わらず水分を摂らないため水分不足に陥ったり、逆に暑いにも関わらず暑いと感じないと言う事が見られるため、助言をする必要があるからである。

バランスの良い食事

また一日三食のご飯では十分に栄養が賄いきれない場合は、栄養補給が必要である。

乳児は母乳から栄養が行き渡るので良いが、幼児になると好き嫌いもハッキリするため栄養が傾きがちになる、栄養不足を防ぐためには栄養ドリンクやゼリー等で補給する事が大切である。

また高齢者に多く見られる不意の転倒による骨折では、骨密度の低下が原因と考えられているので、骨を強くする事により健康で元気に過ごす事ができ、家族も楽できるのは良い事である。

心のケアも大切

また体力の衰えや記憶力の低下、身体的・精神的のサポートも、栄養補給により助けられる面もあるので、一人一人に合った最適な方法でサポートする事により、家庭内が明るく楽しく過ごせ、本人も生きる力が湧いてくる、これが最も大切な事である。